先輩社員の声

VOICE 01

高柳 達広

さまざまな方向からのご提案でお客様の理想をかたちに

営業部 高柳 達広 昭和62年生/平成25年入社

資料作成や土地の紹介、ローンのアドバイスなど、住宅に関する仕事内容は多岐に渡ります。家を持つことは人生の中でも大きな出来事です。お客様の重要な機会に携われるのは嬉しいことですが、同時に責任も感じます。お客様にご納得いただくためにも、できることは何でもするように心がけ、イメージのさらに上をご提案できる力をつけていきたいと思っています。お客様の理想がかたちになって、笑顔を見られるのは幸せな瞬間です。これから入社される皆さんにも自信を持ってチャレンジしてほしいです。

VOICE 02

荒田 正晃

人と人の信頼関係を大切にして現場の流れを円滑に

建築部 荒田 正晃 昭和60年生/平成19年入社

工程調整や施工のチェックなど、安全を保ちながら円滑に進むようにするのが建築施工管理の仕事です。入社時はわからないこともありましたが、先輩方に教えてもらいながら続けてきました。現場ではさまざまな職種の人が一緒に働いているので、信頼関係が大切です。“あの監督の現場ならぜひ仕事をやらせてほしい”と言われるような現場管理を行っていきたいです。1級建築施工管理技士の資格を取得し、さらに気持ちが引き締まりました。これからも、支えてくれるたくさんの仲間とともに完成の達成感を味わいたいです。

VOICE 03

桑原 雄二

建築の知識を深め、現場全体への対応力を強化

建築部 桑原 雄二 平成5年生/平成27年入社

専門学校で学んだ後、地元の沼田地区で働きたいと思い、入社しました。建築物を造るのは想像以上に大変だとわかりましたが、出来上がっていく過程を見られる面白さがあります。現場では予想外のことが起こる場合もあるので、適切に対応する力が必要です。全ての職種の仕事内容を把握して、現場全体を見渡すためには気は抜けません。よく学んで建築の知識を深めていきたいです。自分がやりたいこと、興味があることについて、しっかり知ることが充実した仕事へつながる鍵になると思っています。

VOICE 04

塩島 文治

柔軟な発想と最新技術で地域の暮らしを支える仕事を

土木部 塩島 文治 平成4年生/平成26年入社

道路や河川など公共工事の施工管理をしています。地域の安心・安全な暮らしを守るために不可欠で、災害への備えとしても重要な仕事だと感じて、この職業を選びました。最初は戸惑うこともありましたが、今では休日でも工事のことを考えてしまうほど、この仕事が好きです。若手技術者として柔軟な発想を持ってICTや最先端のものづくりにチャレンジし、地図に残る仕事をしたいです。工事が仕上がっていく高揚感は何にも代えがたいものがあります。やりがいを感じたいと考える人は、一緒に沼田土建を盛り上げましょう!

VOICE 05

山口 大地

さらなるレベルアップに向けてチャレンジを続けていく

土木部 山口 大地 平成8年生/平成26年入社

学生の頃は勉強が何の役に立つのか疑問なところもありましたが、実際に働くようになって、現場で数式を使う機会があり、学ぶことの大切さを実感しました。今は1級土木施工管理技士の資格取得を目指して努力しています。“失敗はあたりまえ”と先輩方に言ってもらえるので、臆することなくやりたいことに挑戦できます。現場監督の仕事にはコミュニケーションも重要なので、いろいろな人と接し、刺激しあってレベルアップしていきたいです。一緒に成長できる若い仲間が増えてきています。皆さんも前向きな気持ちで挑戦してください!